はんこの彫り方

はんこは、日本人にとって欠かすことができないものです。その印鑑を購入する方法はいろいろとあります。現在では、100円均一のようなところでも、三文判を購入できるようになりました。一般的に機械彫りと呼ばれているタイプの印鑑で、大量生産されていきます。印材にも安価で加工も簡単なラクトなどを使っており、機械で生産していくため、簡単に複製していくのが特徴です。機械彫りの特徴としては、常に均一な品質を作り出せるところでしょう。いつでも同じ印影を手にすることができます。一般的な製品であれば、これはメリットになるでしょう。ところが、はんこというもので考えると、これは決してメリットにはなりません。いろいろな問題をはらんでいくからですが、よく考えて購入しなければいけないでしょう。

はんこ機械彫りとは異なり、手仕上や手彫りのものもたくさんあります。もともとはひとつひとつ手で彫っていくのがはんこでした。しかし、職人の絶対数不足や、技術の問題、大量生産に対応できないなどの問題から、コンピューターで制御して大量に作り上げる機械彫りが主流となっていきます。これが悪いわけではなく、使い方を間違わないようにすることが大切です。

日本人の生活には、はんこは欠かせないものでしょう。それだけに、はんこを購入する際に、職人の手彫りの意味を考えておかなければいけません。なぜはんこは機械彫りだけではいけないのか参考にしてみてはいかがでしょうか。