書体も考える

はんこを作る場合に、手彫りは大事なポイントになってきます。他にはない自分だけのはんこにできるからです。書体による問題も忘れてはいけません。さまざまな書体が存在し、手彫りで作るときに、大事な要素となってくるからです。はんことして生かしていくためにも、書体は十分に考慮していかなければいけないでしょう。

印鑑書体の基本は、習字で使われている文字を使うところです。書を基本としていることからも、使われないような書体は、はんこに向いていません。実印にも使われているのは、篆書体が一番でしょう。はんこように古くから使われてきた書体であり、非常に複雑なデザインになってきます。実印だけではなく、ほかのものにも十分使えます。もっと読みやすく丸みを持った書体が古印体です。あまり読みやすくなると、複製されやすくなるデメリットがありますが、古印体は手彫りにすると複雑となり、実印でも十分に使えるようになります。

女性には、もっと柔らかな書体である行書体が好まれます。楷書体を崩した書体であり、線が細くなるところも優しく見えるポイントになってくるでしょう。男性では少し線が弱く感じるはずです。これも手彫りにすれば、かなり特徴的になりますので、通販サイトを利用する場合にも考えておくといいでしょう。